皮膚筋炎とは(多発性筋炎とは)…… 皮膚筋炎になると、全身の筋肉に炎症が起こります 皮膚筋炎は、その名の通り、皮膚と筋肉に症状が出る病気です。手や目の周りの皮膚に紫紅色の湿疹が現れ、筋肉に炎症が起こることで筋肉に力が入らなくなったり、疲れやすくなったり、筋肉痛が起きたりします。多くの筋肉に炎症が起きるため、別名「多発性筋炎」とも呼ばれています。 頻度はまれで、2009年の調査では、年間発病率は1000~2000人。患者数は17000人と推定されています。女性に多く、男女比は1:3です。病気になりやすい年齢は、5~9歳の子どもと50歳代の大人にピークがあります。現在は20000人を超えている可能性があります。
プロフィール
ブログ投稿数
342 記事
ブログ日数
97 日
継続期間
3 週間
読者
1 人 pideko